women

高血圧に要注意|病食で健康になることができる

食生活を見直す

female and male

自覚を持つ事が大切

高血圧は特別な症状が出ない事が多く、サイレント・キラーとも呼ばれる厄介な症状です。ただ、幸いなことに血圧を測るのは難しいことではなく市販の血圧計も安価で入手することが可能です。健康診断などで高血圧の診断が出た場合は、自覚症状が無くても対策を開始する事が大切です。対策としては、食事療法と運動不足解消があります。普段から運動をしていない人は、通勤時に歩くように心掛けるなど出来る事から始めていくのが大切です。運動不足解消と同じく大切なのが、食事療法です。食事療法は、運動不足解消以上に自分を律する意識が大切です。高血圧は脳卒中や心臓発作を引き起こす可能性がある恐ろしい症状だと言う意識を持ち、高血圧を解消すると言う目的意識を持って取り組む事が大切です。

食事をどのように変えるか

高血圧と診断されたら、食事で最初に気を付けなくてはいけないのが塩分の量です。薄味で料理を仕上げる事により塩分量は減らす事が可能です。ラーメンやそばを食べる場合でも汁は飲まずに残すなど、工夫をすれば好きな物を食べつつ塩分量を減らす事も出来ます。また、加工食品には塩分が多く含まれる傾向があるので、新鮮な食品を使って料理を作るのも一つの方法です。新鮮な食材の方が料理もおいしく作れますのでオススメです。肥満も高血圧の理由の一つとなりますから食べ過ぎは禁物ですが、あまりに無理に摂食すると不要なストレスを抱えることに繋がります。このストレスも高血圧の大敵となりますから、無理をするのでは無く、工夫をする事で食生活を改善する事が重要です。